氷点サウナ  寒さと温かさをいつまでも楽しむ新体験!

 

冬には毎日氷点下が当たり前な北海道旭川市。でも、そんなぐっと冷え込む旭川だからこそ楽しめる「フィンランド式サウナ」のご提案です。

旭川市出身の作家、三浦綾子の小説「氷点」の舞台になった針葉樹林を眺めながら行う、のんびりほかほかサウナ体験。サウナストーンに水をかける「ロウリュ」を思う存分楽しめます。薪を熱源とする暖炉式サウナの最大の特徴はジュワっと発生する水蒸気の温かさ。まぁるく優しく、いつまででも入っていたい心地よさなのです。サウナを温めるために必要な燃料は『薪』だけというシンプル構造。北海道産の薪を使っているので、体だけではなく環境にも優しい体験の一つです。しっかり温まったら、いざ極寒の雪景色の中へ!!サウナの温かさと厳冬の旭川の寒さを心ゆくまでお楽しみください。 


氷点サウナ

4,000円(大人)

1,000円(12才以下)

 

※旭川市近郊在住の方には特別割引

2,000円(大人

1,500円(大人/薪を持ってきていただけた方)






<開催日>

1/5(日)~3/22(日)

 

<催行人数>

各回1人~5人(貸切)

 

<時間・集合場所>

・時間

 ①   8:30~10:00

 ② 10:00~11:30

 ③ 11:30~13:00

 ④ 13:00~14:30

 ⑤ 14:30~16:00

 

・集合場所

 三浦綾子記念文学館(Google Map

※ご予約時に、ご宿泊先ホテルをお知らせいただければ、スタッフ・送迎車がお迎えに上がります。

 

<予約期間・方法>

期間:前日21:00まで 事前予約が必要です

方法:下の「予約する」ボタンから

 

※旭川近郊在住の方、旭川近郊在住の方で薪を持ってきていただける方

期間:前日15:00~当日 (事前予約に空きがある場合にご案内いたします)

方法:お電話にてお問い合わせください(0166-22-3398)

 

<支払い方法>

事前クレジットカード決済(Visa・Master)、または当日現地現金払い

 

<その他>

公衆浴場としてのサウナではないため、着衣での利用が原則です。